保険取扱

ロコナルでは症状によって、接骨・鍼灸の保険をご使用になれます。

医師の同意が必要な場合がございますので、ご相談ください。

保険の種類

健康保険:
一般生活において起こったケガや症状に対して使用できます。
労災保険:
就労中や通勤中に起こったケガや症状に対して使用できます。
自賠責保険:
クルマやバイクの事故によって起きたケガに使用できます。
学校保険:
学校内で起きたケガについて使用になれます。先制や部活動の顧問にも相談して下さい。
傷害保険:
各保険会社にご相談ください(スポーツ保険など)

接骨院で保険を使用する場合

骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷の症状名が付くもの

いつ・どこで・なにをして・こうなったという原因があって、受傷からあまり間の空いていない(急性期)の症状に対して健康保険がご使用になれます。また、繰り返しの外力や動作などで徐々に痛みが増してきたもの(亜急性)に対しても健康保険がご使用になれます。

骨折・脱臼については、応急処置の後、医療機関での検査と医師の同意が必要となります。

鍼灸院で保険を使用する場合

症状:下記の症状名が付くもの

頚腕症候群
頸椎捻挫後遺症
五十肩
腰痛症
神経痛
リウマチ

上記の慢性症状に対し、医師が鍼灸での施術が好ましいと判断したもの(同意)に対して健康保険がご使用になれます。

健康保険使用上の注意

  • 健康保険はどんな症状に対しても適応できるものではありません、上記の内容に合っていない場合は保険外診療をお奨めいたします。(保険外診療は必ずしも高価ではありません、症状や程度によっていろいろなメニューからお選びいただけます)
  • 同一症状や全身治療により他の医療機関を受診している場合は、保険診療ができない場合があります。
  • 接骨院の保険診療について、あくまでも急性期の症状に対する施術ですので、施術間隔が空きすぎていたりした場合は継続できない場合がございます。

保険適用時の料金について

  • 厚生労働省の規定による施術料金に準じます。
  • ケガの部位数や負担割合によって施術料金が変わります。
  • 3割負担の方で、おおむね初診1000円前後、その後500円前後となります。

保険の手続き

保険診療を行う場合は必ず保険証をお持ちください。また、毎月月初め・保険証が変更になった場合は保険証の提出をお願いいたします。

同一症状について、病院や他の接骨院(鍼灸院)で保険を使用している場合は併用して保険を使用することはできません。

受領委任とサイン(署名)のお話

接骨院・鍼灸院・マッサージ院で保険を使うときには、療養費支給申請書(レセプト用紙)というものにサイン(署名)をいただいています。なんでサインが必要なの?と思ったことはありませんか?

接骨院で扱う保険は、普通の病院で扱う保険(医療費)と違い療養費と言います。

療養費を使用する場合、本来は会計の際に、かかった療養費の全額を窓口に先に支払っていただき、後日、本人が保険者 (国民健康保険・健康保険組合等)に療養費の還付申請を行い、保険者負担分の返金を行う、という面倒くさいことをしなければなりませんでした。

接骨院や鍼灸院・マッサージ院では、患者さんに変わって一部負担金以外の療養費を保険者に申請する受領委任払いという制度があります。その制度を利用するために、療養費支給申請書(レセプト用紙)という用紙の委任欄に保険証の世帯主(被保険者)の名前でサインをしていただく必要があるのです。(一部例外を除きます)

償還払いについて

保険診療に対し、一部の保険者では受領委任制度が適応されず、一度窓口で全額を支払ってから保険者に償還申請を行い後日7割(9割)分を保険者より返還していただきます。書類作成のサポートとアドバイスをいたしますので、ご相談ください。

同意書について

接骨院では、初回の応急手当を除き骨折・脱臼の施術について、医師の同意が必要となります。リハビリ(後療法)だけの受付もできます。一度ご相談ください、同意書を用意いたします。

鍼灸院では、頚腕症候群・頸椎捻挫後遺症・五十肩・腰痛症・神経痛・リウマチの慢性症状について医師の同意が必要となります。同意書を用意いたしますのでお持ちになって病院を受診ください。